アパレルブランド転職Q&A

本気でラグジュアリーブランドで働きたいならグリーデンスに今すぐ登録↓↓↓


ファッション業界で経験を積みたいならアパレル派遣ナビがおすすめ↓↓↓


アパレルブランド転職Q&A

Q.アパレルの転職する際に、一番アピールしなければならないのはどの点ですか?

A.どれだけ熱意があるか、それを伝えられるかだと思います。自分のプレゼンも出来ない人がそのブランドの素晴らしさを伝えられるわけがありませんので。ラグジュアリーブランドであっても、他のブランドであってもアパレルの一番大事なところは、そこだと思います。


Q.現在アパレルブランドで働いていますが、他のブランドが気になっていています。今働いているブランドを辞めずに気になっているブランドに応募することは可能でしょうか?

A.働いたままでの応募は可能ですし、全く問題ありません。


Q.アパレルメーカーの販売員の面接の際に、会社から服装はリクルートスーツではなく私服で来るように言われました。私の私服はその面接に行くブランドの洋服が多いのですが面接のときは着ていったほうがいいのでしょうか?

A.私腹を多数持っているのであれば、面接に伺うところのブランドを着て面接に臨んだ方がよいです。他のブランド着用は、極力避けましょう。ただし、面接先がラグジュアリーブランドで、高価で中々手を出せないものなら、無理をしてそのブランドの服で身を包む必要はありません。面接する側は、現在のご本人を知りたいので、私服を指定しているのです。リクルートスーツだけは避けましょう。当然、あなた自身のコーディネイトセンスも見られています。


Q.ルイ・ヴィトンのような海外ラグジュアリーブランドへの転職を考えています。例えば、前職がラグジュアリーブランドではなく国内のアパレルの場合、どういったブランドからなら転職できるのですか?

A.国内のアパレルからの転職だといきなりルイ・ヴィトンは難しいかもしれません。一度はどこかのラグジュアリーで経験を積むことをおすすめします。例えば、プラダやグッチなどもう少し採用されやすいブランドもありますので。未経験でルイ・ヴィトンのようなラグジュアリーブランドはなかなか難しいと思います。ラグジュアリー経験がなくてもジュエリーやウォッチのスペシャリストのように強みがあると有利ですが、一般に国内アパレルからの転職はあまり例がありません。グリーデンスやアイディーアクセスなどのアパレルに強い求人サイトに登録して、専門家からアドバイスをもらった方がいいです。



本気で海外国内アパレルに働きたいならグリーデンスがおすすめ

アパレル経験を生かした転職・求人探しならクリーデンスがおすすめです。グリーデンスは、リクルートが運営しているアパレル関連では最大手の求人サイトです。
求人数は常に1800社以上あるため、海外のラグジュアリーブランドから国内のアパレルメーカーまで数多くの求人情報が集まります。たった5分でできる無料登録しておけば、いつでもあなたの働きたいブランドの求人情報をとりよせることができます。

しかも大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介だけでなくや、キャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが、無料であなたの転職支援をしてくれるので安心です。


→→ アパレル業界での就職や転職なら最大手クリーデンスに登録(たった5分で登録できて無料)がおすすめ